2014y05m18d_200829759b

TwitterやFacebookが今ほど利用度が高まる前は、ブログを書くことがトレンドだったから、そんな中で出てきたFacebookの利用者は、Facebookアカウントへのリンク用バッヂをブログなどのサイトに貼り付けたもので、そのバッヂを作る場所が目立つところにあったと思う。

今は探さないと出てこないし、そんな存在は忘れ去られたか、或いは多くの人は知らないと思う。
で、ふと思い出して探してしまったら、今はアクセサリーが色々用意されていた。

Facebookの個人用リンクバナー等サイト用アクセサリー
https://www.facebook.com/badges/

そんで、つい忘れがちなブログの方だけど、たま~に書いても書きっ放しで、コメントが来ても気付くのは数日後になりがち。
そこでFacebook依存度の高い者にとって便利なのが、Facebookソーシャル・プラグインの「コメント」という外部サイト埋め込み用のFacebookコメント欄。
外部サイトのコメント欄として存在しながら、Facebookタイムラインとシームレスに同期、外部サイトでコメントが書き込まれたらFacebook上でリアルタイムにわかるという寸法。

Facebookソーシャルプラグイン色々
https://developers.facebook.com/docs/plugins/

ソーシャルプラグインのページで外部サイトのURLなど記入してコードをゲット、それを外部サイトに埋め込めばすぐ使えるわけだけど、ブログの場合は一工夫が必要。

自分の場合は、HTMLコードをゲット。
スクリプトとHTMLの部分は、まとめてそのままブログ・テンプレートの記入したい場所に記述。
で、ブログの場合は個々の記事に付けたいから、記事個別にある通常のコメント欄の場所に突っ込んでしまうのだけど、URLが記事毎に異なってくるので、このコードをテンプレートから探し出して、コード内にあるURLの場所に書き込む。
まぁこれは、ブログ全体表示の時のテンプレートで、記事タイトル表示の所にあるやつだから、それをコピーすれば良い。

編集するのは、下記の部分。

<td><div class=”fb-comments” data-href=”ブログ記事URL” data-numposts=”5″ data-colorscheme=”light”></div></td>

自分の場合は、下記のようになった。
href=”http://xxxxxx.slmame.com/<%EntryPermalink%>”

アメブロの場合は、このようになるとのこと。
href=”%%current_uri%%”

これで放置ブログも安心さ。